角栓の原因は剥がれ落ちる前の古い肌角質だった

角栓の原因は剥がれ落ちずに残っている皮膚の残りカス?

やスネにも毛穴はあるのに、どうして鼻の毛穴ばっかりが目立つの?
そんな素朴な疑問が持ち上がりませんか?

同じように見える毛穴にも実は3種類もあって、腕やスネのように産毛が生える部分は皮脂がフケとなって出ていくため、毛穴はあまりつまりません。
ところが鼻や頬は毛穴が他の部分より大きく、そもそも毛穴に汚れがたまりがち。
小さなほこりもキャッチしてしまいます。

鼻や頬のあたりは他の部分に比べて肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)が4倍のスピードでおこります
新しい肌が4倍の速さで生まれるわけですが、逆に言うと古い肌も4倍速で死んでいきます。

鼻の毛穴は皮脂を作り出すスピードも早いため、ちょっとでも不潔にしていると毛穴を防いでしまいます。
じゃあ、毛穴を防ぐものはなにかっていうと、剥がれ落ちる前の古い角質。つまり肌の死骸ですね。
古い角質を放ったらかしにしていると、皮脂と混ざって硬い蓋になってしまいます。
これが角栓になるわけですね。


鼻の角栓のケアは古い角質ケアから

10秒でできる新感覚の毛穴ケア専用美容液を見る

 角栓で蓋をされた毛穴はあふれかえる皮脂で満杯状態。そこに雑菌などが入ると炎症を起こしてしまい、ニキビの原因担ってしまう場合もあります。
 毛穴が目立つという悩みを抱えている人がニキビでも悩んでいるのは当然なわけですね。

角栓を押し出すと毛穴がもっと広がる

 角栓がたまると、指で鼻をつまんでぎゅっと押し出すということをしている人もいるようですが、力任せに角栓を押し出すのは絶対にNG!
 角栓がとれてぽっかり穴が開くと雑菌が入りやすくなり、さらに毛穴が目立つ原因に。

また、押しすぎると鼻の毛細血管が切れて、常に充血して赤いイチゴのような状態になります。

角栓防止には、脂を取り除きすぎないやさしい洗顔と、角質ケア専門の化粧品で古い肌の角質を取り除き、角栓がたまらない状態にするのが、潤いを保ちながら肌を美しくする唯一の方法です。

角質ケアに拭きとり美容液がなぜいいの?

ルナメアブライトナーは角質を簡単に落とす新感覚美容液

ルナメア使用者の口コミを見る

洗顔料はスクラブ入りのものなどはとても洗浄力がつよく効果がありますが、同時に肌を痛めてしまう可能性があります。
最近定番になった泡であらう泡洗顔も、実は洗浄力は強め。確かに角質はとれますが、皮脂を過剰に分泌させるため、さっぱりした洗いあがりは持続しません。

ピーリングも角質ケアの定番ですが、こちらも成分が強いので新しくできた健康な角質まで落としてしまうことも。
また、ピーリング剤には肌に潤いを与えるものは少なく、拭き取り美容液のように、きれいに角質を落とし潤いを与えてくれるものは他にはありません。


女性も30代を超えて顔がくすんで黒く見えるなと感じたときは、毛穴の穴に汚れ(角栓)を溜めずに穴を小さくしていく事が大切です。くすみや黒ずみの汚れの根本原因は、穴に汚れが溜まりやすい事で、穴に溜まった角栓に空気が触れると酸化して毛穴の黒ずみを発生させるのです、だからこそ、穴の汚れを取って小さくしていく事、つまり毛穴の開きを改善していく事が結果的に、毛穴の黒ずみを無くす事に繋がります。
毛穴開きは肌に水分を溜めておけない状態で肌がしぼんでいる状態で、肌に潤いがあればふっくらして毛穴が目立たなくなり、毛穴の黒ずみも無くなります。
肌の潤いを促す事で、肌は28日周期で新しく生まれ変わり、一般的にこれをターンオーバーといいますが、この時に古い角質が剥がれて新しい肌が出てきます。
この生まれ変わりサイクルが上手くいけば肌のトラブルはほとんど防ぐ事が可能で、古い角質を剥がして、新しい皮膚に現れてもらう事が重要です。
サイクルが狂っていると、古い角質が溜まっていき、肌が硬くなり、ニキビが起こりやすかったり、毛穴開きを起こしやすい、潤いの無い肌になってしまいます。
古い角質除去にはピーリングなども有効ですが、最近では洗顔や美容液に角質除去の効果を高めるものもたくさん出ています。ただし、洗浄力の強すぎる洗顔料を使用していると乾燥を起こしやすくなるので、要注意です。
ターンオーヴァーがうまくいっていない肌は角質がたまりやすく、角栓の原因にもなりやすいので、潤いを促す為に発汗して汗をかいたり、食事を整えて、睡眠をとって、スキンケアとしては汚れ落としと保湿を確実に行います。
肌に潤いが出てくる事で、ふっくらして柔らかくなり、毛穴開きも改善され毛穴の黒ずみを見る事がなくなってきます。
肌に水分が保たれた状態を作るという事はあらゆる肌トラブルから身を助けてくれるのです。
TOP 
Copyright © 鼻の角栓をきれいにする方法。角質ケアで黒ずみゼロ!